<< 今期のドラマ 2018年1-3月 | main | 新作小室難航中 >>
不倫はなぜ叩かれるのか?だけど小室哲哉を叩く気になれないのはなぜか?

 

賛否の分かれている小室哲哉の不倫騒動(および引退)の件。

 

twitterでこんな投稿を見た。

 

桂 春蝶‏ 
@shunchoukatsura
小室哲哉さんの引退の件で、週刊文春に批判が集まっている。
批判する気持ちも分かるが、それより問題は不倫を扱った雑誌がとにかく売れまくるという事実だ。
多くの人は立場ある人がしくじり、転落してゆくさまを眺めるのが大好物。
書く側にも問題あるが、実は買う側に問題があると僕は思うのだが。

 

知らないけど、落語家さんなのかな?

僕はトンチンカンなこと言ってるなぁと思ったけど、

そこには賛否の声があって。

 

で、僕はRTでこう投稿した。

 

小室を叩くのも違うし、書く側を叩くのも違うし、買う側を叩くのも違う気がする。なに自分だけ高みから優等生ぶってんの?と。「他人の不幸は蜜の味」なのが人間でしょう。落語家のくせに業の否定かよ、と。僕は小室の不倫も肯定したいし、書いちゃう文春も肯定したいし、それを楽しむ人も肯定したい。

 

僕もよく不倫した政治家や芸能人をネタにしているから

一言言っておこうと思う。

 

不倫はなぜ叩かれるのか?だけど小室哲哉を叩く気になれないのはなぜか?について。

 

僕の住んでる日本という国では一夫一婦制というルールで皆がやっていってる。

そこに自分だけ「女2人」とやっていきまーす!という「ズル」する奴がちょいちょいいる。

みんな「1人」でやっていってるのに自分だけ「2人」とっちゃう「ズル」。

だから叩かれる。

 

そして、お金、名声、権力を持った人間、つまり芸能人と政治家が不倫すると

特に叩かれる。

冨と名声と権力を持ってて、ただでさえ羨ましいのに、女も2人かよ!と。

そりゃ叩かれてしょうがないと思う。

 

ズルしてるんだから。

 

で小室哲哉。

 

小室哲哉を叩こうと思う人は少ないだろう。

たしかに過去には、冨と名声と権力を持っていた。

だけど今となっては…。

会見も見たけど、もうボロボロじゃないですか。

奥さんのKEIKOもくも膜下出血で記憶障害、

彼いわく小学4年生とかそれくらいの「女の子」の状態らしいし。

そんな奥さんを7年も介護してきて…。

 

そんな人を叩く気になれないでしょ。

 

僕はなれない。

 

羨ましいとかじゃなく、

不憫だから。

かわいそうだから。

 

風刺は、権力者や強者に向けられてこそ価値がある。

だから僕は弱い者を風刺しない。

それはただのいじめだから。

 

それはきっと報道も同じ。

 

今回の文春砲はちょっといじめっぽくなってるかな。

 

ーーー

 

次の新作は、小室哲哉をモチーフにしたシンプルな作品を予定しています。

お楽しみに。

 

ーーー

 

 

今日のプリント。

 

"裁判終結、いよいよ死刑執行か?" オウム 麻原

松居一代、

毎度T&パーカー from ドキュメンタル 野性爆弾。


仙台、埼玉、箱根、南青山、三軒茶屋、足立区、西日暮里、八王子、小金井 に発送しました!

 

菊竹 進

- - -

P&M 吉祥寺店

▼1月の予定

 お休み:1/1(1/2から通常営業)

 1/16 亜細亜大学「街づくり未来塾」第四回連続討論会に登壇

 

| コラム | 23:49 | comments(0) | - |
コメント
コメントする