<< 新作 OVERWORK 残業ペンギン Tシャツ | main | 新作予定 清原逮捕! >>
「敗走記 水木しげる」★★★☆☆ 戦争のリアル
先日の「姑娘クーニャン」に続き、今日も水木先生の戦記漫画です。



6編の戦記漫画
教科書では知ることのできない戦時中の人間の様子が悲しく切なく、そして(話が)おもしろい。
おじいちゃんにおもしろ戦争話を聞かせてもらう気分で、何度も、読みたい。

6編の内訳
「敗走記」 戦死した親友の体験談。一部フィクション。
「ダンピール海峡」 軍旗にまつわる高岡連隊の史実を元にした話。
「レーモン河畔」 数奇な運命の実話。日本軍が美人スパイを殺したりせずに送り返した「稀に見る美談(原文ママ)」 。
「KANDERE カンデレ」 兵隊とパプアニューギニアの原住民の数奇な運命。生き残りから聞いた話を元にしたフィクション。
「ごきぶり」 高射砲でB17を落とし戦犯となり「巣鴨」に入った兄から聞いた話。
「幽霊艦長」 太平洋戦争の海戦における夜戦において日本軍最後の完全勝利といえるルンガ沖夜戦とその後。

アマゾン 4.5。★★★★☆
僕レビュー 3.0。★★★☆☆

余談 夏は水木!冬は赤軍!
全体的に水木さんの参加した赤道直下の南方戦線の話が多いのでできれば夏に読みたい。
雪の降るような真冬に読んでもなんか気分が出ない。
冬はやっぱり連合赤軍がいい。(浅間山荘事件は2/19からの10日間)
「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」(グロい)とか「突入せよ! あさま山荘事件」(軽い)とか「光の雨」(山本太郎の怪演)とか「レッド」(リアル)。おすすめです。

次は「白い旗」「総員玉砕せよ」の予定です。

- - -

今日のプリントは、
最新作 OVERWORK 残業ペンギン の Tシャツ & トレーナー。
吉祥寺店でお渡ししました!

| 本・映画 | 23:37 | comments(0) | - |
コメント
コメントする