<< 新作 清原 Tシャツ | main | バレンタインの準備はお済みですか?/新作予定 データバンク >>
「総員玉砕せよ! 水木しげる」★★★★★ 日本人はなぜ玉砕したのか?
先日の「敗走記」「姑娘クーニャン」に続き、今日も水木先生の戦記漫画です。

で、今日は世界で各賞を受賞した水木戦記漫画の大本命、自伝的作品の「総員玉砕せよ」。

内容は、

昭和20年3月3日、南太平洋・ニューブリテン島のバイエンを死守する、日本軍将兵に残された道は何か。アメリカ軍の上陸を迎えて、500人の運命は玉砕しかないのか。聖ジョージ岬の悲劇を、自らの戦争体験に重ねて活写する。戦争の無意味さ、悲惨さを迫真のタッチで、生々しく訴える感動の長篇コミック。




最初は敵と戦い、仲間や上官が死んでいくんだけど、後半から戦況が不利になるとおかしくなってくる。
司令部が玉砕を命じ、生き残った兵隊に摩訶不思議な理屈で自決を強要し、逃げた者は射殺するぞ、なんてことになってくる。
日本人が日本人を殺し始めるのだ。

これはあれだ、浅間山荘事件に至る連合赤軍の中で起きる自己批判、総括、リンチ殺人と同じだ!と気づく。
日本人独特の同調圧力と生死観。
戦メリでたけし演じる軍曹が繰り返し言う「生きて虜囚(りょしゅう)の辱(はずかしめ)を受けず!」や、ハラキリ、切腹、玉砕、(この本には出てこないけど)特攻。
今となってはなかなか理解できないそれらの行動が「戦メリ」やこの「総員玉砕せよ!」を読むと少し理解できる。
共感や納得はしないけど。
そして、その思想は今でも日本人の根底にあるように感じる。
日本人のそういうところがとても嫌いだ。
また戦争になったら、日本人は同じ過ちを繰り返すんだろうなぁと暗鬱な気持ちになる。

ラスト、とにかく日本兵が死にまくる。
最後の死体の山のシーンが、いい。
戦争とはこういうことだ、と何度も何度も繰り返し読んで頭に叩き込みたい。
人間はバカだからそういうことをすぐ忘れるから。

アマゾン 4.5。★★★★☆
僕レビュー 5.0。★★★★★

戦争を知らない僕らが読み継いでいきたい、必読の1冊。

- - -

そして、さらにもう1冊。
「白い旗 水木しげる」。

4編の戦記漫画。
・硫黄島の死闘 玉砕か降伏か、奇妙な死... 壮絶な結末...
・山本五十六の最期
・田中頼三のルンガ沖夜戦での快勝
・戦艦大和の最期とそれに続く特攻、そして終戦



硫黄島、山本五十六、大和、どれも耳馴染みのある題材で興味深い。

これは水木さんのすべての戦記モノに言えることだけど、とにかく淡々としている。
淡々と負けていき、
淡々と死んでいく。

敵も味方も、何十人、何百人の兵隊が、一瞬で死んでいく。

とても虚しくて、とても悲しい。

アマゾン 4.1。★★★★☆
僕レビュー 3.0。★★★☆☆

- - -

今日のプリント。
ベッキー清水健太郎 Tシャツ。卒論用紙
残業ペンギンTシャツ。
福岡 埼玉 吉祥寺 に発送しました!

 
| 本・映画 | 20:07 | comments(0) | - |
コメント
コメントする