<< 新作予定 不倫さんいらっしゃい | main | 東京五輪エンブレム騒動、象のはな子、毒きのこの箱 >>
プチ鹿島とは◯◯である〜「教養としてのプロレス/プチ鹿島」★★★★★


数日前にちょっと読んだ「教養としてのプロレス」。
その中の言葉(下記参照)に突き動かされ急に絵が描きたくなり、
「テポドンにのったキムジョンウン」を仕上げたのが2日前。

(117ページより引用)
常に権力に対し、大人のウィットで勝負する軽やかな見出しや論調のタブロイド紙があればいいのにと思う。(中略)
誰かが図に乗り始めたら、おかしな振る舞いを始めたら区別なく軽妙に皮肉ってあげる。思想や立場に縛られない。
そういうタブロイド紙って出てこないだろうか。


僕のやってる時事Tシャツとタブロイド紙は、時事ネタを素早く料理してすぐに出す、そのスピードと手際が似ていると思っている。
そして僕はときどき「時事問題」とどう向き合ったらいいのか?、どうデザインしたらいいのか?、Tシャツする意味はなんなのか?、分からなくなる。
そんなときに読んだ上の一文が沁みた。
「思想や立場に縛られず、軽妙に皮肉る」。いいなと思った。


そして今日。
続きが気になりもうどうにもこうにも仕事が手につかないので、
えいや!
と仕事を放り投げ、覚悟を決めてがっつり読みました。


結論「全員読めばいいのに」
僕はプチ鹿島と東京ポッド許可局が好きすぎるので、「全員読めばいいのに」以外の感想を書けません。

内容をざっと紹介します。(ざっとのつもりがかなりのボリュームになってしまった)
それを見ればきっと読みたくなると思います。
ならなかったら、たぶん僕とあなたは話が合わないと思うし、それでいいと思います。
ちなみにこの本、終盤の20ページ(260-280)をのぞいて「プロレス」の本じゃないので!
みんな逃げないでー!

5 笑っていいともグランドフィナーレとは
11 2013東京ポッド許可局@赤坂ブリッツの美保純=1985新日@後楽園ホールのブルーザー・ブロディ
17 貴闘力/野球賭博事件/八百長問題/ロフトプラスワン事件/「朝起きるのが怖かった」/お帰りなさい貴闘力
26 オウム上祐史浩/オウムにはまった高学歴理数系
28 学生運動とはUWFである/朝日新聞社説「尾崎豊を知っているか」/UWF以外はすべて馬鹿に見えた
33 高田延彦/グレイシーに敗北〜総統/理想と挫折
34 学生運動もUWFも知らないオウム信者たち
39 森達也/半信半疑のプロ/半沢直樹・土下座
46 理想のピン芸人/オカマ/アニマル浜口/こんばんは事件
53 平成のデルフィンたち/ターザン山本/I編集長「プロレスとは底が丸見えの底なし沼」
56 桜庭和志とはイチローである
62 あまちゃんとは越中詩郎の物語である/おばあちゃんの影響/奈落の寮と世田谷寮/東京編とメキシコ編/アキとユイ と 越中詩郎と高田延彦/ハチマキ・ハッピ姿!/脱退と立ち上げ/旗
71 マッスルハウス10/「泣いてはいけない」最終興行
77 いいともグランドフィナーレ:有吉反省会=UWF@東京ドーム:天龍@札幌/藤波40周年とタモリ32年
84 木嶋佳苗とはヒクソン・グレイシーである/北原みのり「毒婦。」と佐野眞一「別海から来た女」は、ゴングと週プロ
95 ターザン山本/「ボクの大好きだったターザン…」とつぶやくプチ、横で笑うマキタスポーツ
106 東京スポーツ/文春「シャブ&飛鳥の衝撃」/答え合わせ
109 壇蜜と半沢直樹/週刊大衆は新・週刊プロレス/初脱ぎ確率/そうなるとライバル・サトエリも服を着てはいられないだろう=投げっぱなしジャーマン
114 日刊ゲンダイと東京スポーツ
120 AKB48/小林よしのり/壇蜜とはキンタロー。である/前田敦子=マリー・アントワネット説/じゃんけん大会は八百長?
138 オカマが何を言っても許される理由
146 「凄玉」笹川良一
152 立花隆「品性と知性と感性が同時に低レベル」/から揚げを食べる人生
160 WBCとは力道山時代のプロレスである/審判が怪しいアメリカ!マウンドに旗を立てて喜ぶ韓国!/黙殺する久米宏/ドタキャンするポール・マッカトニー
173 笑ってはいけないあさま山荘/マードックと藤波の尻出し合戦
180 「自分たちのサッカーができなかった」/平田「しょっぱい試合ですいません」/佐々木健介「正直、すまんかった」
187 剛力彩芽の100のすごいところ
190 酒井法子に「介護士になるのはどうしたの?」とツッコむ方が負けの話/今井雅之
195 性格の悪いドラマ/ガリレオ/リーガル・ハイ/ニュースルーム/女王の教室/小泉郵政選挙とネトウヨの誕生
200 あまちゃんからのごちそうさん/東出昌大の16文キック/杏:スーパーヒール・キムラ緑子=ジャイアント馬場:フレッド・ブラッシー
208 たけし=ハンセン説?たけし=猪木説?/ゴッチから猪木へ、談志からたけしへ
218 三浦大輔主宰のポツドール/愛の渦、ボーイズ・オン・ザ・ラン
222 バットマン/ダークナイトシリーズ:バートン版:シュマッカー版=UWF:昭和の新日本プロレス:昭和の全日本プロレス
229 中曽根康弘vs竹下・安倍・宮沢=猪木vs長州・前田・藤波
238 中畑清を考えることは現代を考えることである
243 橋下徹はツイッターそのものである
246 安倍晋三お友達”申請”内閣
248 ほんとうは怖い小泉進次郎
251 ツイッターとはオクタゴンのリングである/上杉隆vs町田智浩
267 B層→「IQが低い層」「改革、変革、革新、革命、維新、のキーワードに流される」「飲食だと産地直送、期間限定、有機栽培、長期熟成、秘伝、匠の技、の言葉に弱い」
269 クネクネの中邑真輔 vs 生きザマの桜庭和志/花火と火事場
279 映画雑誌「なぜ映画館に行かないのか?」→若者「おもしろいかおもしろくないかわからないものにお金を出したくない」/コスパ問題

以上です。(行頭の数字はページ数)

見立て見立てのオンパレード、全編を通じて語られる「モノの見方」、ここまでモノをおもしろく見ることができるのか!と驚嘆の連続。

政治経済、芸能、スポーツ、メディア、すべてプロレスで見ることができる。
おそるべしである。

ほんとは最後に、

プチ鹿島とは◯◯である!

と高らかに見立てて終わりたかったんだけど、、、
一朝一夕に真似できる芸当じゃないですね。

精進します。

そして、
権力や社会に対して「思想や立場に縛られず、軽妙に皮肉る」、そんなTシャツをこれからもデザインしていきたいと思います。



アマゾン 4.2。★★★★☆
僕レビュー 5.0。★★★★★

 
| 本・映画 | 23:02 | comments(0) | - |
コメント
コメントする